焼成 – 焼成

焼成1300度へ

焙りが終わって段々、窯の温度を上げていき、ゆっくり2日間かけて1300度以上にもってゆきます。

窯の中の具合を火の出る具合や感覚で感じ、焼き具合を出来るだけ同じように保つのです。(失敗もしましたな~。)

冷ますのに後2日。
毎回ドキドキの窯出しです。

豆知識

陶器の焼き具合を毎回、合わせるのに使われるのがパイロメーター(温度計)や、オルトンコーンやゼーゲルコーン(熱量で倒れて陶器の焼き具合を合わせます。30度位の間隔で色々あります。)などがあります。

名入れのご注文について

名入れのご注文について

庄左ェ門窯のセレクト商品

庄左ェ門窯のセレクト商品

嫁いだ器たちセミオーダー商品のご紹介

庄左エ門窯セミオーダー商品のご紹介

信楽焼庄左ェ門窯の想い

左ェ門窯の信楽焼に対する想いをつづっております

信楽庄左エ門窯の窯元探訪

信楽庄左エ門窯の窯元探訪!!

庄左エ門窯のブログ

信楽焼 庄左エ門窯ブログ

庄左エ門窯のおかみさん手帖

信楽焼 庄左エ門窯のおかみさん、かよちゃんの日記

最近の記事

ページ上部へ戻る