おかみさん手帖

飯炊き鍋

10年目 愛用飯炊き鍋


我が家で、現役活躍中の 松庄、初代の飯炊き土鍋 5合君です。
今でも覚えています。 結婚して、4年間 京都の伏見区中書島に住んでいる頃・・・
「松庄で、飯炊き鍋 作ってん♪ 使ってみて~」と 持ち帰ってきました。
最初は、どう使うのか分からず とりあえず 嫁入り道具で持たせてもらった 大阪ガスのガスジャー(こんな名前?)
で、炊くように お米 3合に対して お水 3合半(少し柔らかめが好きなんです)で、つけておき、
強火でブンブン炊きました。 
いつ火を止めるか それもわからず、強火のまま3分くらい炊きました。
なんだかわからないが、一か八かでうまくいき、試行錯誤で 今に至ります。


炊きたて♪


今の炊き方は
お米を洗って、ジャーで炊く通りの水加減でつけておきます。
夏は 15~20分程。
冬は 1~2時間ほど。
グツグツ言うまで強火で炊き、フタの穴と脇からブクブク出てきたら弱火で5分。
うっすら お焦げを楽しみたいなら弱火で7~10分。
よく、洗ったお米を ザルにあげて水を切ると聞きますが 以前 読んだ本には 
洗って、せっかく水を含んだお米が、水分を飛ばされて お米が割れるとありましたので(もち米は別ですよ)
私は、水につける派です。
朝は、パン食なのですが 息子が保育園へ 白米だけ持って通園するので 毎朝 1合鍋で炊きます。
で、今朝は 前日の夜の残りがないので お昼ご飯の分も合わせて 5合炊き鍋で2合炊きましたkao05

関連記事

最近の記事

名入れのご注文について

名入れのご注文について

庄左ェ門窯のセレクト商品

庄左ェ門窯のセレクト商品

嫁いだ器たちセミオーダー商品のご紹介

庄左エ門窯セミオーダー商品のご紹介

信楽焼庄左ェ門窯の想い

左ェ門窯の信楽焼に対する想いをつづっております

信楽庄左エ門窯の窯元探訪

信楽庄左エ門窯の窯元探訪!!

庄左エ門窯のブログ

信楽焼 庄左エ門窯ブログ

庄左エ門窯のおかみさん手帖

信楽焼 庄左エ門窯のおかみさん、かよちゃんの日記

ページ上部へ戻る